歯の中に人工歯の土台を差し込む

「インプラントって差し歯とは何が違うの?」という質問はよく訊かれます。
読んで字の如く、歯の中に人工歯の土台を差し込むのが差し歯です。
自前の歯根に土台を埋め込み、歯冠部を被せるものです。
そのため、歯そのものを抜いてしまうと、利用することは不可能です。
さて、そこでインプラントですが、これはあごの骨にドリルで穴をあけて、金属製の人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せるという手順で施術が行われます。
原則として保険は使えないので費用はかかりますが、自前の歯がない場合でも顎の骨に問題さえなければ利用できるのがインプラントの利点です。
インプラント治療はどのような流れかというと、3ステップあると考えてください。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、それからアタッチメントという連結部分をはめ込み、義歯をつける、という段階を踏みます。
長くかかるのは、二番目の人工歯根の定着で、定期的に検査をしながら、2ヶ月から6ヶ月の期間を必要とします。
義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてから要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。
虫歯をひどくしてしまい、抜歯しか打つ手がなくなってしまったのです。
両隣の歯は残っているので、ブリッジでも良かったのですが、インプラントにもできるということで、メリットとデメリットを説明されて治療を受ける決心がつきました。
ブリッジより高額な治療で、時間もかかりますがしっかり噛むためにはインプラントが良いとのことでした。
手術して、だんだん噛めるようになり、間もなく虫歯だったもとの歯よりも、ずっと良好な使用感になってきたのでインプラントにして良かったと思いました。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根が自分のものであるかどうかです。
虫歯などで、歯の損傷が激しくても、歯根部が残せれば上から冠のような形のクラウンという義歯をはめられます。
これに対し、抜歯した後は、入れ歯を避けたり、できなかったりすれば、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。
数々のインプラント治療の問題点について、広く調べたと思いますが、問題の一つに、インプラントを埋め込んだ後、頭部のMRI検査はできなくなるといった話を聞いた方もいるでしょう。
でも、気にしなくて良いです。
確かに、MRI検査では磁気を使うので金属に反応したところの画像は乱れてしまいます。
しかし、インプラントは主にチタンが使われているので金属ですが、磁気には反応しません。
MRI検査への影響はありません。
インプラント治療を始める前にチェックすることとして、あごの骨の状態を確認し、治療ができるかどうか知ることが大事です。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずあごの骨の状態を完璧にするために、その病気を完治させる問題が生じます。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も治療が事故につながる可能性があります。
今は、このような病歴があるからといって治療できないといわれる可能性は低いためきちんと歯科医に相談することが大事です。
言うまでもなく、インプラントにすれば虫歯になりませんが、お手入れを必要としないとは言えません。
特に人工歯根に異変があったら、すぐに診てもらわなくてはなりません。
食べかすを残しておくと歯茎の炎症を起こし歯周病を引き起こすこともあるのです。
残っている自分の歯と同じく、歯科医に指示されたブラシなどがあればそれも使い、毎日のケアで口腔内の清潔を維持してください。
異常の有無に関わらず、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けることが必要です。
人工歯根を骨に埋め込むといっても、インプラントは金属アレルギーが問題になることはほとんどありません。
人工歯根の材料として、チタンやセラミック、金といったアレルギーをきわめて起こしにくい素材を用いているのです。
インプラント治療はほぼ全て保険外治療であり、その全額が自費になるのが普通です。
ですから、不安を取り除くためにも、金属アレルギーを持つ患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が治療や手術への心配がなくなるでしょう。
費用がかかるだけに、インプラントの耐久性が気になります。
実際のところ長く使っている症例は多くないのが現状ですが、きちんとメンテナンスを行った場合は本物の歯に匹敵する耐久性があると考えていいようです。
要するに、メンテナンスがしっかり行われていれば長い間自分の歯と同じように使えますが、セルフケアの手を緩めると取り返しのつかない事態が起こってしまうということを忘れてはいけません。
インプラント治療のほとんどが全部自費治療ですから、高額の費用が負担となる方も多いのが当然です。
そのような実態を踏まえ、クレジットカード払いができるところや、いわゆるデンタルローンのような分割払いに申し込める歯科医院が多く、けっこう融通が利きます。
現金で費用を一括払いする必要なく、自分が希望する治療を始めることはあきらめなくて良くなりました。
詳しく調べたい方はこちら⇒白い歯 歯磨き粉 ランキング